頭足人からの卒業?!

頭足人(とうそくじん)をご存知ですか?

頭足人 4歳

頭足人(とうそくじん))は、頭(顔)から直接、足が生えた絵のことで、幼児の初期の描画に現れる特徴である[1]。タコやイカなど頭足類に構造が似ているため頭足人と呼ばれる。

Wikipediaより

4歳の娘の描く絵も典型的な頭足人です。

頭足人 4歳

かわいいわぁ…。

そんな娘が保育園から持ち帰った絵を見て驚きました。

胴体が描かれている!!

頭足人 4歳

いつも頭足人なのに、突然、モデルばりに長い首と華奢な胴体が描かれていました。

画力が急激に進化している! 頭足人期卒業か??と思いきや。

娘によると、首みたいに見えるのは「足」。

立派な頭足人でした。

首と思って見ていた部分を足と認識しなおして見ると、超間抜けな絵になります。

竜巻に乗って飛んでいる人…? だまし絵みたいな錯覚を楽しめる迷画です。

顔の横に付いている赤いのは手かと思いきや、イヤリングらしいですよ。

なんだかよくわからない世界観ですが、子どもの絵は良いですね。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA