ムスタファセンターで買ってきた合わせ調味料でインド中華!

海外へ行くと、つい現地のスーパーで買い込んでしまう合わせ調味料。

帰国するとテンションが下がって、作らないまま賞味期限を迎えてしまいがちなんですよね。

11月のシンガポール旅行で買ったのもそろそろ使わねばな…。

ということで、今日は気合いを入れて作ってみることにしました。

Aachi の Chiken Manchurian Masala

チキンマンチュリアンマサラ

「チキン マンチュリアン マサラ」がどんな料理か知りませんが、パッケージの写真がおいしそうだし、「India’s No.1 Masala Brand」って書いてあるし、なんとなく選んでみた料理の素です。

シンガポールで買ったけど、「Product of India」。

調べてみると「マンチュリアン」は「満州の」という意味らしい。

インドで独自に発展した中華料理のことを「インド中華」と呼ぶらしく、これもその一種なのかな。

作り方に書かれている「コーンフラワー」は無いので片栗粉で代用。「capsicum (パプリカ?唐辛子?)」は無視して、ざっくりと作ってみましょう。

↑箱の中にはこの袋が一つだけ入っていました。嫌な予感…。

がーーん!超化学っぽい粉。

2と1/2カップの水で溶かす。インスタント感がすごいですね。ペースト状だともう少し美味しそうに見えるのにな。

沸騰するとそれなりにソースっぽくなってきました。

でもやっぱり嫌な予感。このソースに揚げた鶏肉を和えるというレシピです。

鶏もも肉2枚分を揚げていましたが、全ての鶏肉が無駄になったら悲しいので1/4だけソースで和えることにしました。

見た目は酢豚の肉みたいな感じ。でも美味しそうな香りではないな。

お味は…

まずとても塩っぱいです。そしてピリ辛。

予想に反してスパイスの風味は弱めです。もっと異国感主張してくるかと思いましたが。

うーん、不味くはないけど、美味しくもない。わたし的には残念なお味…。

全部の鶏肉をこのソースで和えなくてよかった。

残りの鶏肉はクックパッドで調べた油淋鶏ソースを作って和えました。

こっちの方が断然美味しい。

チキンマンチュリアンマサラの素は失敗でした。

他にも「Aachi」シリーズの合わせ調味料買ってきたのがあるんですが、不安だな!

  • にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA