サクサククッキーを作るコツは無塩マーガリン??

少し前に記事にしたクッキー作りの疑問。

バター(有塩)を使って作ったクッキーはいつもポキポキ、固い食感になります。

無塩のケーキ用マーガリンを使えばサクサクの食感になるんじゃないかという思いつきで実験してみましたよ。

使用したのは

雪印メグミルクのケーキ用マーガリン

気になるトランス脂肪酸は低減されているようです。

ケーキ用マーガリンのトランス脂肪酸:0.06(g/商品10g)

※米国食品医薬品庁(FDA)の定めるトランス脂肪酸ゼロ表示基準;1食(14g)当りトランス脂肪酸含有量0.5g未満

雪印メグミルクサイトより引用

↑これによると、このマーガリンはアメリカでは「トランス脂肪酸ゼロ」と表示して良いって事ですよね。

開封

中身はこんな感じ。100gずつ分けて包装されています。

メグミルクの公式サイトにあったこのレシピで作ってみました。

粉砂糖がなかったので普通の上白糖で代用。レシピにあったチョコ味の生地は作ってません。

ショートブレッドみたいに美味しそうに焼きあがりました。

バターで作った時よりも随分サクサクになりました!

固くなるのはバターのせいだった?それとも普通のバターではなく無塩バターだったらサクサクになるのか?

また実験が必要だな…。

味は、バターで作った方が風味がよくて美味しかったです。

お菓子作りって割と粉砂糖やグラニュー糖など砂糖の種類を指定してる事が多いですが、だいたい無視して上白糖や三温糖で作ってしまいます。

そういう適当さも完成度が上がらない理由なのかも?

  • にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA