マーガリンはすっかり悪者になってしまったけれど

娘と型抜きクッキーを作りました

最近はいつもクックパッドで適当なレシピを探して作ります。

材料は基本的にバター、小麦粉、卵、砂糖の4つ。今の所満足のいくレシピが見つかっていないので、つくれぽの多い人気のレシピをあれこれ試しているところです。

今回はさくさくの歯ごたえを求めて、卵は卵黄だけで、ベーキングパウダーとバニラエッセンスも加えたレシピで作ってみましたがイマイチでした…。

↑見た目はかわいい

クマと花の型で抜いて、竹串の尖ってない方で目の穴を開けました。娘が口を追加。みんな「ホー」の顔でアメーバみたい。

大昔、子どもの頃に母と作ったクッキーは美味しかった

サクサクの型抜きクッキーも、レモンエッセンスが効いた絞り出しクッキーも大好きだった。あの頃のクッキーと何が違うんだろう…。いまいち美味しくない。固い。

違いとして、思い当たるのは…バター?

昔はクッキー作りといえば「雪印のケーキ用マーガリン(無塩)」でした。確かレシピでも「ケーキ用マーガリン」が指定されていた様な気がします。

でも近年、マーガリンはすっかり不健康食品のレッテルを貼られてしまって、食に関して全く意識低い系の私でも買わなくなりました。(そもそもバターの方が美味しいし)

昔は給食のパンにもほぼ毎日マーガリンが付いてたのにな。急に悪者にされてしまったマーガリン。

もしかしたら「ケーキ用マーガリン」を使えば昔作ったみたいなサクサクのクッキーが作れるのかな?

今度試してみよう!

  • にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA