雨がきつい、風がきつい、って方言?

京都から札幌に移り住んで10年目。

久しぶりに見つけました。

これって方言やったん?って表現

雨が強く降っている様子を「雨がきつい」

風が強く吹いている様子を「風がきつい」

って言いませんか?

この時の「きつい」は「つらい」という感情ではなく、単純に強弱の「強い」を意味します。

「雨(風)が強くて辛い」ではなく

ただ「雨(風)が強い」と言いたい時に使います。

 

「雨、きつー降ってんで」は「雨が強く降っているよ」。

「風きつかったらやめとこ」は「風が強かったらやめておこう」。

 

主人に指摘されて気づいたのですが、確かにこの表現してる人、こっちにはいないな。

無意識のうちに使ってた方言を見つけると、なぜか嬉しい。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA