ハワイのスリフトで見つけた「Hawaiian Alphabet」の赤ちゃん用ブランケット

今年は海外旅行に行けるかな…

ハワイでは外出禁止令から「Safer-At-Home order」に緩和され、一部の営業再開の許可が出たそうです。

アラモアナショッピングセンターも5/15から営業再開(飲食店等一部の店舗は閉鎖中)。

それでも来島者の14日間自己隔離ルールはまだ続いています。

ハワイ行きたいなぁ。1日も早く平常な世界に戻りますように。

今日は大好きなハワイで見つけたヴィンテージ布について調べてみました。

Hawaiian Alphabet柄のベビーブランケット

10年ほど前にハワイのスリフトショップで買った赤ちゃん用の薄い掛け布団です。

ハワイ語と英語と、ゆるいイラストがかわいい!

Halakahiki(パイナップル)

Opu(おなか)

Niu(ココナッツ)
Wahine(女性)

Ilio(犬)
Alohaはアロハのままですね。

このブランケットにはタグがないのですが、調べてみるとハワイのローカルデパート・リバティハウス(2001年にメイシーズに買収されて消滅)の60年代の製品だと紹介しているサイトがありました。

今50代のハワイの人が赤ちゃんの頃に使っていたブランケットだとしたら…感慨深い!

今は北国・北海道で私の膝掛けになったり、娘のお昼寝布団になったりしてますよ。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA