混む時期に伏見稲荷に行ってしまった〈2019GW旅記録3〉

帰省中、外国人観光客からNo.1人気だという京都の「伏見稲荷大社」へ行って来ました。

地元なのに1度しか行ったことがなくて、「千本鳥居」も見ていないので気になっていたんですよね。

でもゴールデンウィークに人気の観光地に行くべきではありませんね…。人だらけでした。

伏見稲荷大社

京阪電車とJR両方の駅からアクセスが良く、駅から伏見稲荷大社までの参道には屋台や土産物屋、飲食店がびっしり。

伏見稲荷

初詣みたいな混雑ですよ。

「千本鳥居」への入り口も長蛇の列↓

伏見稲荷

千本鳥居の入り口の鳥居↓

伏見稲荷

人がぎっしりで、なかなか前に進みません。

まさかずっとこんな感じなのかな…。風情も何も…。

伏見稲荷

人が写らないように撮影したかったら上を撮るしかないという。

伏見稲荷

鳥居の奥に進むにつれ、人が少なくなりました。

千本鳥居は山を登って行く形で奥へ奥へと繋がっていて、いくつかの分岐点から下山の道を選べます。

奥の方は古くて苔むした祠(?)が点在してとても良い雰囲気です。

神々しくて写真を撮るのを躊躇してしまいました。

時間をかけて散策したくなるような場所でしたが、上り坂&階段がなかなかきつい。

私たちもそこそこで下山して、ランチスポットを探しました。

参道にある「日野家」さん

伏見稲荷

創業大正5年という歴史あるお食事処です。

2階に案内されました。

伏見稲荷

お昼時を過ぎていたからか?2階は空いてました。良い感じ!

ここでは名物のアレをオーダーしましたよ。

すずめの焼き鳥

伏見稲荷では昔から有名な雀の姿焼き…。

旦那がせっかくだから食べてみたいということで、1羽だけオーダーしました。

鳥好きな人には衝撃的な画像かもしれないので、苦手な人はパスしてください。

本当に丸焼きだ…。

伏見稲荷 すずめ

ズーム

伏見稲荷 すずめ

食べた旦那によると、味は山椒の味しかしなかったと。食感はカリカリしていて、エビの殻みたいな感じだったとの事です。

骨やくちばしなどを残す事なく、全部食べてましたよ。

旦那のこういうところは尊敬する。

その他は

伏見稲荷

やっぱり「おいなりさん」

伏見稲荷 にしんそば

旦那がどうしても京都で食べたいと言ってた「にしんそば」

子どもの頃大好きだった「玉子丼」

などをいただきました。

伏見稲荷はこんなに有名で、見どころたっぷりなのに参拝料無料!太っ腹ですね。

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA