コンカリーニョの第11回大生活骨董市へ行ってきました

昨日は大風の中、琴似のコンカリーニョで開催中の「大生活骨董市」へ行ってきました。

3日連続開催の中日です。オープン直後の12時半頃、会場は大混雑で盛り上がっていました。古い家具や食器、着物など所狭しと積み上げられていて、すれ違うのも大変な感じです。娘連れてこなくてよかった。

たくさんのブースの中で一番ときめいたのは、昭和女子垂涎のキャラクター小物を大量に扱ったブースでした。

実家にあるようなプラスチックの衣装ケースの引き出しに、亜土ちゃんやパティ&ジミー、キャンディキャンディなどの小物がぎっしり詰まっていて、その引き出しを勝手に開けて商品を吟味できるシステムになっています。

宝物をたくさん持っている友達の家に遊びに来たみたいな気分!中の商品も200円から1000円って感じで買いやすくなっています。

ここで小さいお人形のついたお土産風のストラップを買いかけました。が、堪えました・・・。かわいいものはたくさんありすぎて、買っても買ってもキリがないんです(悩)。

ここ数年、使えないもの、飾りにくいものは買わないように努力しています。欲しいのに〜〜〜。収納下手だし、うまく管理できないんですよね。見るだけでがまんです。

そのほか、古い建具や引き出しの取手などインテリアに活かせそうなものがたくさんあったので時間をかけて見て回りました。

古いガラスがはめられた水屋の木の扉とか緑のガラスのランプシェードとか、いちいち魅力的ですけど、実際どうやって飾ればいいのかよくわからず。見るだけにとどめました。

結局小さいガラスコップを一つだけ買って帰りました。

カガミクリスタルの冷酒杯かな?手のひらにすっぽりおさまる小さいグラスです。

カガミクリスタルは茨城県の老舗ガラス工芸店のようです。ゆらゆらした模様がきれい・・・

大生活骨董市は今日まで開催しています。古いものに興味がある方は行って見ると楽しいですよ♪

  • にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA