子ども連れで楽しめる北海道博物館

先週、漂着物展を見に行った際に北海道博物館の総合展示室も見てきました。小さい子連れでも楽しめたポイントを紹介したいと思います。

子どもが楽しめる体験型展示がある

2階に、北海道の森の食物連鎖を遊びながら学べる大規模な展示があります。ハンドルを回すと、どんぐりに見立てた木製の玉がピタゴラ装置さながらに森の中を転がり、熊に食べられたり川に流されたりする様子を見ることができます。

image

上の写真左手の「HEY!」のところがハンドルがあるスタート地点。

img_5598

大きなハンドルをぐるぐる回すと、どんぐりが上へ上がっていきます。
長いレーンを転がったあと・・・

img_5595

木製の階段をコロコロ音を立てて転がるどんぐり。このどんぐりはカケスが隠してしまうゾーンに落ちました。

どんぐりのゴールは5つぐらい用意されており、木琴の上を走ったり螺旋階段を転がり落ちたり、それぞれ違う仕掛けを通ってガラスケースの中に落ちていきます。

大きな装置なので、ハンドルを回してどんぐりがスタートしたら走ってどんぐりを追いかけなければ落ちるところを見ることができません。2歳の娘は必死でどんぐりを追っていました。

かわいいフォトジェニックスポットがいっぱい

img_5635

img_5602

この写真だと展示物みたいに見えますが、このシャチとヒグマは通路にドン!と置かれていて、座って遊んでOKです。3人ずつぐらい余裕で乗れます。みんなまたがって乗って写真を撮っていました。SNS映えしそうです。

img_5587

ちなみにこういうマンモスの骨格見本などは娘が怖がるかと思いましたが案外平気でした。何のことかわかってないだけかも。

館内に持ち込みのお弁当を食べるスペースがある

img_5619

img_5623

1枚目の写真は暗く写ってしまいましたが、こんな感じのスペースが食事場として解放されていました。テーブルセットと自販機があるだけの場所ですが、壁が一面ガラス張りで、庭?の紅葉がきれいに眺められる素敵な場所です。

ピカピカの木目(調?)床に、かっこいいアイアンの衝立、天井や電気の感じなんかが古き良き昭和というか、外国の田舎のロッジというか、とにかくいい感じでした。子ども用のハイチェアも10席ほど用意されていました。

これから寒くなる北海道で、室内でお弁当を食べられる場所って重要ですよね。

「はっけん広場」で遊べる

中地下1階にある「はっけん広場」では、アイヌの衣装を着たり、おはじきやけん玉等昔のおもちゃで遊ぶことができます。靴を脱いで上がるスペースが用意されているので、ハイハイの子連れでも楽ですね。

 

博物館入り口にはコインロッカー(返金されるタイプ)があるので重いコートや荷物を置いて回れるし、貸し出しベビーカーもあるし、お弁当も持ち込めるし、子連れに優しい博物館でした。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA