「ゴールデンマーケット2018春」でおもしろい箸置き見つけた♪

ゴルマことゴールデンマーケットへ行って来ました

2017年秋には出展者側として参加しましたが、今回は買う側で行って来ました。

去年出店した時の記事はこちら↓

ゴールデンマーケット2017へ出店して来ました!〈前編・出店までの流れ〉

ゴールデンマーケット2017へ出店して来ました!〈後編・当日の流れと結果発表!〉

ゴルマは出店数が半端ないので、全体を本気で見て回るのは気力・体力的に不可能です。10時開場ですが、11時半ごろに到着してのんびり、よさげなお店だけ見て回りました。

ゴルマで見つけた謎のお土産品を紹介します。

ブラジル土産らしきメノウの箸置き

5個ずつ箱に入ったものが二箱売られていました。

一方の箱に入った箸置きには「Brasil」と手書きで書かれていて、もう一方は無地です。

ブラジルって箸で食べる文化ではないですよね?完全に観光客用土産品として作られたのかな。

箱の面には「Kittel PEDRAS Suporte para Talheres」(google翻訳によると『キッチンの石はカトラリーのために立つ』)、横には「Kittel Pedras do Brasil Ltda. HASHIOKI」(Ltdaは『有限会社』)と書かれています。

ブラジルは宝石の産地だし、瑪瑙もお土産品としてよく使われているのかな。

光に当てるととても綺麗。チェルシーのバタースカッチ味みたいな質感で美味しそう。

この箸置きを売っていた人いわく入手元は不明。いつからか家にあったそうです。どうやって日本に来たんだろうな。使われることなく、箱に入ったまま私のところに流れ着いたブラジル箸置き。

 

外国の古いお土産品探しもフリマでの楽しみの一つです。

 

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA