スギナ

6月下旬、札幌で見かける花・草


この緑の葉は「スギナ」で、ツクシの葉っぱらしいです。ツクシが「胞子茎」でスギナが「栄養茎」。地下茎でつながっているそうです。ツクシの周りにはこの葉っぱがあるなぁ。とぼんやり思っていたら、そういう事だったんですね。

自分が育った地元ではツクシは滅多に見つける事ができない貴重な存在で、子どもの頃遊んでいた堤防の草むらの一部分にだけ生えているのを見つけて大喜びで摘んでいた記憶があります。あの時のツクシの周りにもスギナが生えていたんだろうな。

札幌では駐車場の脇や道路沿いの小さい雑草地など住宅街でもツクシをたくさん見る事ができます。最初見つけた時は感動してしまいました。が。

スギナは繁殖力が強く、駆除するのが大変という事で造園・農業の天敵とされているようです。鮮やかな緑でシャープなボディ。観賞用植物みたいにかっこいいと思ったんですけどね。

次の花

キュウリグサ

花が3ミリぐらいしかない小さい水色の花は「キュウリグサ」でした。子どもの頃からよく見かけて摘んでいました。こんな渋い名前だったとは。葉を揉むとキュウリみたいな匂いがする事に由来した名前らしいけど、そんな匂いしたっけな?

タチアオイ

これを見ると夏が来た!って感じがする。

大人の背丈より高くシュッと延びた茎と大きな花がインパクト大のこの植物は「タチアオイ」らしいです。聞いた事ある名前だけどこの花の名前だったのか。

そんなんばっかりだな。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
  • にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ

投稿者:

oniini

札幌在住、40代新米母のoniini(おにーに)です。
子育てを始めて気付いたこと、趣味のことなどを書き留めています。

〈oniini〉でインスタはじめました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA