フリマで見つけたASAKEのオーバル洋皿

どこのフリマで見つけたのか忘れてしまった大皿

asake yokkaichi

お肉料理なんかを無造作にのせてテーブルに運びたい、オーバル型です。

asake yokkaichi

縁に立体的なキザギザ模様があって、フリルみたいな縁取りとあいまってエレガント!

asake yokkaichi

裏はこんな感じ

asake yokkaichi

「Asake YOKKAICHI JAPAN」

について調べると、同じようなお皿がオークションサイトでたくさん出てきます。

ebayに出店されている似たようなお皿は1960年代のものとされていました。そんなに古いのかな?

このお皿も前の記事の「MIKASA」と同じく、たくさんアメリカに輸出されていたんでしょうね。

三重県の四日市に「朝明」と書いて「あさけ」と読む地名があるようです。その辺で作られていたのかな?それ以上のことはわかりませんでした。

asake yokkaichi

近くにあったキウイを大きさの目安に乗せてみましたが、よくわかりませんね。

大きいので収納に困る&食洗機に入らない、と面倒も多い大皿ですが、外国風で気に入っています。

  • にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA